アクションカムの固定tipsの話

ガジェット
DJI osmo action tips

先日DJI osmo actionを購入しました。前に持っていたカメラよりもずっしり重くなりました。三脚ねじアダプターを介して吸盤に着けるとねじが緩んできて、動いてしまします。

ちょっとしたことで、ねじをきつく締めてカメラが動かない方法をお話しします。

構造上うまく締められない

車にドライブレコーダーついているのですが、やっぱり新しいカメラの方が画像が綺麗ので、どこか行く時にはこっちのカメラで動画を残したいものです。

なので、ネットで上記のような吸盤つきの固定具を買いました。

で、カメラの方には三脚ねじに合うマウンターを取り付けます。

この二つを、ねじって固定するのですが、吸盤の締めるものが小さくてしっかり固定できないのです。力を入れてしめても、振動でいつの間にか横に向いてしまい撮りたいものが撮れていない有様。

ネジをきつく締める簡単なパーツ

そこで、ねじをきつく締められて、緩まない方法。

これは、とっても簡単な方法で解決できます。

答えは「スプリングワッシャー」 普通のワッシャーだとタダの丸ですが、このワッシャーの場合は一部が切られていて、ねじられて段差がつけられています。

これを、ねじの間に入れて締めることで、力を入れずに固定でき、また振動で動くことも(ほとんど)ありません。しかも、これスプリングワッシャーはホームセンターで一個数円!

これだと無くしてしまっても、懐にそんなに痛くないので、数個まとめ買いして予備にもっておくといいと思います。

もし、買いに出かけるときは、取り付けるものを持って行き実際にサイズを合わせて購入することをお勧めします。

  

タイトルとURLをコピーしました