車のバックカメラの交換

乗り物

バックギアに入れると自動的にカメラに代わるのだが、そのカメラがぼやけている。もともと、自分で付けたカメラなので、どこに修理を出すこともできないのでまた自分でカメラを交換することにした。今回も、ネットショップの安いカメラです。

そもそも、出ベソが嫌い

メーカーで付けるバックカメラは、出っ張ってしまう。それがかっこ悪いと思う。だから、自分でバンパーの中にカメラを入れた。そうすると、バックするときに角度的に後ろは見えない。それでいいのだ。このカメラは、バックで止める瞬間だけを見れればいい。下がっているときはちゃんと目視をすればいいのだ。

ということで、以前自分で付けたカメラがあったのでそれに交換する。

映像と電源を引いてきているところに差し込むだけ。

元のバックカメラ用に、電源をヒューズボックスから。映像はナビに繋げてある。今回はそれを差し替えるだけ。

固定は両面テープ

バンパーに穴を開けたくないので、固定は両面テープで。振動や湿気ではがれることがあるので、念入りに。

本格的に止める前にちゃんと映るか、見る角度はどうかを試してから。

以上これだけ。一度、バックカメラのある状態になれてしまうと、ないのが不便でしょうがない。ない時はそれで十分だったのにね。

  

タイトルとURLをコピーしました