アクションカムを手ぶらで使おう

ガジェット

アクションカムを持っていると片手がふさがってしまう。でも、目立たないようにしたい。そんな願いを叶えたパーツを買ってみました。

首からかけるもの

置いて撮影するには問題ないけれど、「両手を使いたい」「移動中も撮影がしたい」と思ったので、買ってみました。

実はかなり前から気になっていて、迷っていたのですがほかに買うものがあったついでに、購入しました。

構造はいたって簡単。半円状のところを首にかけるだけ。カメラを付ける部分は「go pro」とマウントなので、いくらでも汎用品があります。実際、今回使用した「osmo action」は初めからgo proマウントです。

実際に歩いてみました

犬の散歩の際に付けて歩いてみました。だらだら歩く感じでしたが、両手が空くのは便利です。広角のアクションカムなら画角もそんなに気にしなくても大丈夫でしょう。

帰ってから大きな画面で見たのですが、手に持って撮影したよりももブレが気になります。手だと腕がスタビライザーの代わりになってブレを吸収してくれてるのでしょが、体(ボディ)に直接付けるということで、歩いた時の上下の衝撃がそのまま伝わってきているようです。そのあたりは、「撮れている」ということを割り切って使う必要があると思います。

自分が動かずに撮影する分には、問題なし。まるで自分の目線のように撮ることができます。(料理や机の上の作業風景など)

より使いやすくするために

実は首のところのバリがあって、しばらく付けているとチクチク刺さってくることがありました。本当に些細なことなのですが、首から下げていると同じ場所に当たっているのでかなり不快です。ですので、これを除去しました。

といっても、そんな大したことをするのではなく、100円均一のサンドペーパーで磨いてあげるだけで大丈夫。目が細かい方がいいですが、そんなに気にしなくてOK。ちょっと引っかかる分を撫ぜるだけで長時間付けていても不快はなくなりました。

総評

これを欲しかった目的は、旅行とか言った時に取り合えず気にせず見たもの撮影!をしたいということでした。

やっぱり、手にカメラを持っているといくら小さくてもそっちに気が行ってしまうし、片手がふさがってしまいます。

今回の首掛けはブレは気になりますが、自由が利くので許容範囲だと思います。もし、綺麗な映像が撮りたいときは、そこだけ手で持って撮影すればいいのかな?と。

実践投入が楽しみな、お安い商品でした。

タイトルとURLをコピーしました